"生き続ける"薩摩義士

お客様の声ノート№35より転載
店長Taさんのページより
薩摩義士の切り抜き 250年過ぎた今でも人の心に残っている
感謝の気持ちを形にしている
なかなか出来ることじゃないと思います。
感謝の気持ちを大切にして「ありがとう」と素直に言える人でありたいです。
南日本新聞"生き続ける"薩摩義士
「伝統行事(曽我どんの傘焼き)を絶やしてほしくない」と数十年続く善意の贈り物
岐阜市和傘振興会「先祖が(宝暦治水で)薩摩義士にお世話になったお礼です」
250年以上の時を越え、いまだに人々の心に生き続ける薩摩義士。
Niさん(女性)のページ
このノートにも新聞の切り抜きにも、とても良いことが書いてあります。
ただ、たんたんと生きていくのではなく、
たまに自分に置き換えて考えてみる機会があり、
ありがたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。