なんつっ亭 品川駅前品達道場へ

場所     品川駅内の道路沿い、ビジネス、買い物客が多い。
近辺     ラーメン横丁、なんつっ亭、熊本ひごもんす、せたが屋、きび屋、
くじら軒、旭川らーめん、約7軒が集まる。
店内     雰囲気作りが大変うまい。ラーメン屋にきたっ!という感じ。
店主、古谷氏の雰囲気がでている。
制服     古谷氏のトレードマーク、口ひげ、ねじり鉢巻、白のYGの肌着、白ズボン
ヤンキースタイル、短髪
スタッフ   男4人、女2人(計6人)でまわしている
接客     こんなヤンキースタイル、なので"おぅ、ラーメン喰いに来たか!"
という感じだったが、全く反対!
みんな元気があり、笑顔もあり、見た目(ヤンキー)とは対象的に
すごく新鮮味があった。
雰囲気   なんか下町のラーメン屋に来ている感じ
自分は好きな雰囲気
店内には決めセリフ"うまいぜベイビー"があった。
しかも、壁紙に、段ボールを貼ったくり、その上に習字紙で書いて
金をかけていない
提供時間   7~8分
座席     カウンター25席 テーブル4人×2(8人)を
スタッフ   ホール1人 厨房5人
店作り    吉野家のような作り、これは上手いこと考えている
容器     深いどんぶり
麺       20番~22番 低加水で固め
具       ネギ もやし 焼き豚
スープ    豚頭、ゲンコツ 白湯 黒マー油でインパクト
価格     780円

開店11時、10分前に着いて、13人目の待ち順。
食べたあと、近くの店を見てまわり、もう1回、12時頃、店の前を通ると
今度は20人以上は並んでいた。
その隣の店は3人しか客はいない。悲惨な勝敗がついている。
黒マー油(ニンニク油)これでインパクトをつけている。
経営戦略がとてもうまい、社長以下、片腕の人たちがすごくいい仕事をしている。
役割分担がしっかり出来ている。
少し田舎風のラーメンにヤンキー風、他店ではやっていないスタイル
ヤンキーといっても、今風のずんだれではない。
硬派というイメージ「うまいラーメンつくるぜ!」という雰囲気
40代の方など、なつかしがると思う。
また、若者の世代とは違うヤンキースタイル、これがまた新鮮味がある。
こうありながら、しっかり仕事をしている。
雰囲気作りが本当にうまい!
経営陣がしっかり情報収集と、知恵をしぼっている。
お店作り、いい勉強になりました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。