「全校が感動 1通の礼状」

南日本新聞の切抜き「ひろば」教員 豊永藤浩氏より転載
先日、渡しの勤める学校に一通の手紙が届いた。
「大きな滑り台で遊んでいた三つになる娘。登ってはみたがその高さに
怖くなり、滑ることも戻ることもできずにいたところ、降ろしてあげようか
と言う少年の声。娘を自分の膝に乗せ、しっかりと抱きかかえた。
ありがとうという娘の頭をなでながら、少年はいいよと笑ってみせた。」
という内容であった。
さりげない思いやりを示してくれた児童が、本校にいることに感動を覚えた。
さっそく学校長が全校朝会で紹介し、児童、職員ともども一日を
温かい気持ちで送ることができた。等々 

男の子が女の子を前に抱え、滑る様子が目に浮かぶ。
いじめ、自殺といやな事件が報道される昨今、ほのぼのとしたあたたかい
やさしい気持ちになれました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。