“世界一の女の子”再度ご来店

 

ヒデさんのノートより転載
「昨日は嬉しいことに”世界で一番おいしかった”と
言ってくれた女の子がまたきてくれました。
今回は、お父さん、お母さん、お姉ちゃんの4人で御来店。
女の子は焼き飯の大を注文。
「パパ、ママにはやらないよ。取り皿もいらないよ。」
そして全部、食べてくれました。
前回、この女の子が来店の際、

レジで言った言葉が嬉しくて涙が出た。と
スタッフが書いていたことを思い出し
その日のアイアイノートのページを見せました。
「このノートはスタッフ以外は見ないんですけど
良かったら、是非、見てください。」
お母さんはノ-トを見て凄く感動して
「ここの料理が世界一なんだ~。だから私のは世界一じゃないんですよね。」と
笑いながらちょっと寂しそうな表情でした。
小さな”アイアイフアン”大事にします。」
でも、やっぱりママが一番好き!
そんな表情でママをじっと見つめていました。
(スタッフ作)
世界一の女の子2

その時の女の子の様子を以前に書いたのを転載しますね。
2011年05月17日のブログより転載
タイトル「恥ずかしがり屋の女の子」
かずちゃんのノートより
「…5歳位の女の子とお父さん
レジで支払ってるお父さんのズボンの裾をつかみ
はにかみながら「お父さん、云って、云って」
自分で云うのが恥ずかしくてお父さんに耳打ちしていました。
するとお父さんが「ラーメンが世界一おいしかったと云ってくれって!」と。
ものすごくかわいくて、嬉しくて涙がでそうでした。
また元気をもらいました。」
まだ、世界って知らないはずなのに「世界一」って言葉。
だからなおさら涙が出ます。
お座敷に2人で白坦々麺とお子様ランチ。
近頃、特にご家族連れ様が多いです。
お父さんと子供さんの組み合わせも。
多分、お父さんがお母さんに「イオンでゆっくり買い物してきていいよ。
僕が子供と遊んでるから。」そんな優しいお父さんなんでしょう。
ご家族の皆様にアイ(愛)されるラーメン屋を作りたい。
そういう願いを込めて作ったラーメン屋。
もうまもなく10年目を迎えます。
この子供さんが大人になり、結婚し、子供を連れてご来店してほしい。
「世界一おいしいいラーメン屋さんに行こう。」と。
アイアイラーメン名前の由来
お客様にアイ(愛)され、地域の皆さまにアイ(愛)され続ける
鹿児島の美味しいラーメン屋さんめざして…。」
頑張ります!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。